神式で葬式を行うときの手順

仏教式では、葬式をお寺で行う場合がありますが、神式では「死」は穢れとして嫌うため、神社では行いません。自宅か斎場で行います。仏教の通夜にあたるのが「通夜祭」と呼ばれるものです。葬儀は、「葬儀祭」です。通夜祭では、式の前に「手水の儀」と呼ばれる手水で手や口を洗い清める儀式を行います。「祭詞奏上」を行い、仏教の焼香にあたる「玉串奉奠」をした後、仏教の位牌にあたる霊璽とよばれるものに故人の霊を移す儀式である「遷霊祭」で通夜祭は終わります。葬儀祭では、最初に「手水の儀」を行い、「修祓の儀」と呼ばれるお祓いを行います。その後、「祭詞奏上」と「玉串奉奠」をします。神式では、仏教の葬式のように数珠は使いません。そして、お悔やみの言葉では、仏教用語である「冥土」「成仏」などは使いません。

神奈川県の安心家族葬プラン

葬儀 千葉
各種サービス プラン一覧

板橋区の斎場で葬儀を行うならこちら
地域に密着したグランドセレモニーならすぐに対応可能

葬式の時の花の手配について

お葬式で生花を手配したいと考えたとき、どこに頼んだらよいでしょうか。お葬式を施行する葬儀会社に頼むのが一番良いです。勝手に他の所に頼んだりするとせっかくの供花が飾られなくなってしまうこともありますし、会場を見たときのバランスが悪くなってしまいます。親族であれば喪家が取りまとめをする場合が多いので相談してみましょう。親戚内で花にするかほかの供物にするかなどバランスを考えて配置することができます。親戚でない場合は葬儀が行われる会場に問い合わせをして、葬儀会社の担当者を教えてもらい問い合わせをしましょう。喪家は準備等で忙しいので相談するのは失礼になります。花の値段もいろいろあるので、自分と故人の親しさや身内とのバランスも考えて注文するのがいいでしょう。