通夜ぶるまいについて

お通夜の後に故人を偲んで軽く食事をとります。これを「通夜ぶるまい」と呼びます。親族や近親者として参列した場合にはお通夜の後も残り、共に愛する人を亡くした悲しみを共有したり、思い出を語ったりといった大切な一時を過ごしましょう。親族以外である親しい友人や知人の場合でも、もしも遺族に誘われた場合には、故人への供養の意味を込めて一口でも料理に箸をつけ、長居は避けて遺族か受付にあいさつして退席しましょう。どんな立場でもスケジュール的に都合が悪く、お通夜の後には足早に退席しなければならない場合には、遺族に励ましの言葉をかけてから、亡くなった方の霊前に礼拝し、お焼香させていただいてから退席するようにしましょう。

葬式にお花を手配する方法

葬式で花やお供え物を手配するときは葬儀会社に手配するのが確実です。斎場によって壁掛け式やスタンド式など飾り方に縛りがあることも多く、規定外の物は飾れないことがあります。また、飾ってもらえたとしても隅に追いやられることも少なくないし、持ち込み手数料がかかることもあります。訃報の連絡を受けた際、葬儀会社の連絡先を確認して手配しましょう。地域によって、花輪をお供えする場合や一基ではなく一対でお供えすることが一般的な場合などさまざまな状況があります。遠方など慣れない地域での葬儀に出したい場合などは喪家や葬儀会社にしっかり確認しましょう。電話などで口頭で注文する際は、名札の名前は漢字の間違いがないよう注意が必要です。