神式の葬式の参列について

葬儀は宗教的な儀式です。特に神式の葬式に参列をする機会というのは、あまりないかもしれません。日本は仏式の葬式が多いのですが、中には神式で行うこともあるのです。その場合には、マナーも異なってくるので、事前に確認をしなければいけません。マナーを守らないと遺族や故人に対して失礼になってしまいます。意外とマナーについて知らないということがあるので、事前にインターネットでチェックをしてみると良いです。もしくは葬儀会社に相談をしてみると良いです。葬儀会社では全てのケアをしてくれますし、必要なことも教えてくれるので、安心感があります。お金に関しても不祝儀袋の名目が仏式とは異なっているので、事前に準備をしたほうが良いでしょう。

お葬式での供花の手配

お葬式の花輪や樒(しきみ)を贈る場合は、喪家側の意向を確認してから、お葬式の前日までに届くように手配します。斉場に近い花屋さんに依頼するか、ご遺族を通じて葬儀屋さんに注文します。慌ただしさが過ぎて、一息つくころに寂しさをなぐさめる意味合いもあるので、色は同一色ではなくて、やさしい色合いのものを選択しましょう。取引先のお葬式では、担当者の名前ではなく、会社名で贈ります。通常個人で供花を贈ることはありません。贈る数は一基と覚えておきましょう。特に親密な間柄の場合、一対贈るようにしましょう。そのほか、キリスト教の場合は教会に持ち運ぶことが出来るように小ぶりの籠などに入れたものが多いようです。花束の形のものを贈ることもあります。仏教で用いられる白い菊は、キリスト教ではあまり用いられません。式場となる教会の司祭に必ず確認しましょう。