なぜお通夜をするのでしょうか

お通夜はご臨終の際の看病の延長といわれています。故人はまだ精年の間にいると考えられ、遺族はなんとか生き返って欲しいと、故人が生きている時と全く同じように接し、食事を出して夜を徹して一緒に過ごします。昔の通夜は儀式化されておらず、僧侶や葬儀者などの外部の人ぬきの本当に親しい人達だけが集まる場でした。しかし最近では単なる儀式と化してしまっています。通常午後6時~読経と焼香が行われることが多く、その後に弔問客への食事、いわゆる「通夜ぶるまい」が行われるのも、こうした名残なのでしょう。弔問客は仕事を休んだり中抜けして参加する葬儀・告別式よりも、仕事が終わった後の方が都合がいいということで、最近では通夜に弔問客が集中する傾向があります。

お葬式の花の手配がスムーズにできました

親しい人が亡くなることは本当に悲しく、葬儀を行うとなるといろいろと手配をしなくてはならず、気が動転しているのに時間や日時、場所を決めたりしなければなりません。だから身内がお手伝いをしてくれたりするのだと思いますが、お葬式ができると香典や葬儀の花輪などが必要になります。花輪を誰の名前であげようか、名前を一緒にしたほうがよいのか、別々にしたほうがようのか、細かいことで迷います。また種類があり値段も違います。 パソコンで調べると、お葬式の花輪の写真を掲載している店があり、大変わかりやすかったです。お葬式の花輪の手配は前日までに斎場に届けるということでした。24時間電話で受付ができるので大変助かりました。