通夜が決まったときには

通夜が決まった際は、突然ということも昔はあり、喪服でなくても、ある程度のきちんとした服装なら良いとされていましたが、死を悼む気持ちを忘れないようにしましょう。そして、遺族に不愉快な思いをさせないように、地味なものにしましょう。また、お通夜は本来、突然の訃報を聞いて駆けつけるものなので、前もって準備してきたかのように、喪服を着用するのはむしろ、無作法とされていました。しかし、最近では訃報から日にちが経っているケースもあるので、必ずしも無作法と考えられなくなってきています。そして、突然の訃報を聞き、お通夜に参列することになった場合は、地味な上着を一枚羽織ったり、ストッキングは黒を着用したりするなど、地味に見える工夫をしましょう。そして、宝石類は外し、派手なバッグは黒い袋に包むようにしましょう。

葬式の花の手配について

人が亡くなった時に行う葬儀の際には故人の死を悔やむ気持ちなどを込めて花を用意することが一般的なこととなっています。一般的には葬式専用のものを用意すると言うことにっています。この様な花の手配は多くの場合においては葬式を執り行う日程が決定した時またはその式の前日に手配をすると言うことが一般的なこととなっています。その様なことがあるために、多くの人々は式を執り行う前に必ず故人の死を悔やむことを表す葬式専用の花を手配していると言う状況にあります。また、その様なものは式の参列者や規模の大きさによって変わるものの、比較的安い価格で済ませることが出来る様になっているために、気軽に葬式の花の手配を行うことが出来る様になっています。