神式の葬式の行い方。

神式の葬式では玉串拝礼があります、まず軽く会釈をして神職またはスタッフから玉串を受け胸の高さに持ちます。持ち方は葉の表面を上にして枝の根の方を右手で上から5本の指でつまむようにして中ほどを左手で支え先の方が少し高くなるようにします。神前の3歩前まで進んで会釈をして左、右、左と進んで神前に立ち今度はやや深い会釈をします。玉串の先の方は神前に向けゆっくり葉先を右回りに回します、枝の根の方が神前に向いたら玉串を乗せる台に法典します。そしてそのまま下がり二礼します、そして音を出さずに忍び手で二拍手して一礼します、覚え方は右回り、二礼、二拍手、一礼です。お済みになられましたら元の席にご着席して終了です。

お葬式での供え花の手配

お葬式では必ずといっていいほどお花がお供えしてあるものです。亡くなった人間にお花を供えるという行為は万国共通であり、お葬式があった場合は欠かすことのできない物となっています。一般的には遺族や親族、故人と親しかった人間や喪主と縁のある人間などが贈るものです。手配の方法としては、お葬式を担当する葬儀社に相談する事が一番効率的でしょう。葬儀社はお花屋さんと提携しているか、または自社に供花製作部署を設けている場合が多いためです。お供え物は全般がそうですが、地域性があり土地によって形状や相場も様々ですし、宗派によってもかわってきます。葬儀社ならば地域性、宗派と把握しているためそのお葬式に一番いいものを提案してくれるでしょう。